トップページ > 採用情報 > 先輩社員の声

先輩社員の声

尾形 篤史 Atsushi Ogata
2014年入社
システム開発部 情報グループ
職種:システムエンジニア
出身校・出身学部:芝浦工業大学
理工学研究科 電気電子情報工学専攻
尾形 篤史

現在担当の業務内容

 私はシステム開発部の情報グループに所属しています。システム開発部では、東邦銀行の行員の方々が利用する様々なシステムの開発を行っています。

 その中の情報グループが担当する業務内容の一例として、各システムが利用する情報の登録を行っています。登録と言っても人がパソコンに向かって情報を登録するのではなく、勘定系システムから送信された情報を自動でデータベースに登録する仕組みを開発しています。

 一見、地味な開発に思われますが、全てのシステムを支える基礎となるため、重要な部分を担っています。

入社を決めた理由

 入社を決めた理由は、大きく2点あります。1点目は、SEの仕事ができる点です。私は大学時代に情報工学科に所属しており、システム開発やSEについての勉強をしていました。就職活動を始めるときに、大学で学んだ知識を生かせる分野の職種に就きたいと考えていました。当社は、銀行のシステム開発を行っているため、大学で得た知識を生かせると考え入社を決めました。

 2点目は福島で働くことができる点です。東京での就職活動を通して、出身地の福島で就職したいと考えるようになりました。当社は、福島の地方銀行である東邦銀行のシステムを担っています。そのため、福島で働けると考え、入社を決めました。

当社の自慢できること

 当社の自慢できることは、福利厚生が充実していることです。当社の福利厚生は、東邦銀行と同じです。そのため、休暇や各手当が充実しています。

 夏休み・冬休みなどは、決められた期間内で好きなタイミングでとることができます。多くの企業では、夏休みの期間が決まっているので、休みに合わせて予定を入れますが、当社では自分の予定や都合に合わせて連続休暇をとることができます。夏休みなどは、あえて多くの人が休みでない期間にとることで、レジャー施設が混んでないときに行くこともできます。

仕事のやりがい

 仕事のやりがいを感じるときは、行員の方々が開発したシステムを利用していることを実感したときです。

 私たちの仕事は、システムを開発するだけでなく、開発したシステムを利用している銀行員のサポートも行っています。例えば、開発したシステムの利用方法や操作方法が分からない場合、電話で質問してきます。そのときに、自分が開発したシステムが「こんな風に使われているんだ」、「こういう使い方をしているんだ」と実感することができます。

 自分が開発したシステムがどのように利用され、どの業務に役立っているかを知ることができたときに、仕事のやりがいを感じます。

就活生へのメッセージ

 就活では、人との関係を大切にしてください。就活中は、履歴書の内容や面接など悩む機会が多くあると思います。その時に、相談できる相手がいると、心強いです。友達であれば、同じように就活をしていると思いますので、同じ悩みを共有できます。先輩であれば、その悩みを解決してくれるかもしれません。このように悩みを解決していけば、就活も乗り越えてゆけると思います。

 大学時代に得た交友関係は社会に出てからでは得られない貴重なものです。ぜひ、交友関係を深め、就活を頑張ってください。いつか皆さんと仕事ができることを願っております。

渡邊 友里恵 Yurie Watanabe
2014年入社
システム開発部 サブシステム連携グループ
職種:システムエンジニア
出身校・出身学部:立教大学 理学部 数学科
渡邊 友里恵

現在担当の業務内容

 銀行で使われる情報系基幹システムの開発業務を担当しております。詳細設計書作成やプログラミング、テスト、リリースといった開発工程を全般的に行います。銀行業務の効率化のため、使いやすく安定したプログラムの作成に努めております。携わる案件により様々な言語での開発ができ、同時に銀行業務の知識を広げることができるため、日々成長を感じながら仕事に取り組んでいます。

入社を決めた理由

 生まれ故郷の福島に貢献でき、大学時代に学んだことを生かせる仕事に就きたいと思っていました。福島県で一番の銀行である東邦銀行のシステムを担う当社であれば、間接的に福島への貢献ができると考えました。また、大学時代にC言語を中心としたプログラミングを勉強する機会があり、その経験を活かしたいと思い、入社を決めました。

当社の自慢できること

 当社では社員各々に合わせた人材育成プログラムを受けることができます。学生時代のプログラミング経験の有無などにより、その人に合ったレベルから無理なくスキルアップが望めます。社内のOJT研修だけでなく、外部での研修もあり、たくさんの刺激を受けながら学習に集中する機会があります。

仕事のやりがい

 プログラムが安定稼動できた際の達成感は何事にも変えられない一番のやりがいです。

 作成したプログラムを利用した方から「プログラムのおかげで助かるよ」などの言葉を頂いたときは、大変嬉しくなります。次もより良いプログラムを作りたいという目標も作ることができます。

就活生へのメッセージ

 就職活動はさまざまな発見の連続だと思います。その発見を通じて、なりたい社会人像、そして就きたい職業・会社などを考えていくことになりますが、発見することを楽しんで充実した就職活動を送ってください。当社で一緒にお仕事ができる日を楽しみに待っております。

板井 秋穂 Akiho Itai
2015年入社
システム開発部 情報グループ
職種:システムエンジニア
出身校・出身学部:山形大学 理学部 数理科学科
板井 秋穂

現在担当の業務内容

 東邦銀行で使用される情報系基幹システムの開発業務を行っています。所属する情報グループでは、主に銀行内部の事務処理に関わるシステムを開発しています。開発したシステムは行員の方々が使用するため、一般の方が目にすることはありませんが、お客様へより良いサービスを提供するため、安定し使いやすいシステム開発に取り組んでおります。

入社を決めた理由

 私は大学時代に学んだことを生かせる仕事、地元福島のために働ける仕事、の2点を中心に就職活動をしていました。「すべてを地域のために」を経営理念としている東邦銀行の基幹システムを開発している当社でなら、在学中に学んだ知識を生かしながら福島へ貢献できると考え入社を決めました。また人材育成に力を入れており、日々の業務や研修を通して、スキルアップできる環境が整っている点も魅力に感じました。

当社の自慢できること

 福利厚生が充実していることです。連続休暇など様々な休暇制度はもちろんのこと、育児休暇は女性だけでなく男性も取得しております。

 また、フレックスタイム制を導入しており、ワークライフバランスを考えて自分の裁量で勤務時間を変更することができるなど、多様な働き方ができるため、時間を有効に使い効率的な仕事を行うことが可能です。

仕事のやりがい

 私たちは、行員の方々がお客様に様々なサービスを提供するためのシステムも数多く開発しています。

 より良いシステムを開発することで、間接的ではありますが、お客様への充実したサービスの提供、お客様の利便性向上に寄与することが出来ることに大きな「やりがい」を感じております。

就活生へのメッセージ

 就職活動は、自己分析をする良い機会になります。自分を知ることは、理想の社会人像、就きたい職業・会社を考えるために必要なことです。またこれから社会でコミュニケーションを取る上でも非常に大切です。企業訪問、インターンシップ等の就職活動、大学生活での教授・友人との会話等を通じて、自分の知らなかった部分、強み・弱みを発見し、それを就職活動に活かしていってください。

 皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしております。

蓮沼 遼 Ryo Hasunuma
2016年入社
システム開発部 情報グループ
職種:システムエンジニア
出身校・出身学部:福島大学 理工学群
共生システム理工学類
蓮沼 遼

現在担当の業務内容

 現在はシステム開発部情報グループに所属し、東邦銀行行員が使用する業務システムの開発や、システム利用に関する照会対応を主に行っております。

 使いやすく業務効率化の手助けになるような、正確かつ安定したプログラムの作成に努め、より良いサービスを提供できるよう日々業務に励んでいます。

入社を決めた理由

 入社を決めた理由は、学生時代から興味のあったSEの仕事に挑戦できる点でした。今までに関わらなかった分野で仕事をするというのは大きな不安もありましたが、充実した研修環境により未経験者でも業務に必要なスキルを習得できる環境があるということが、入社を決める大きな要因となりました。

当社の自慢できること

 当社では研修制度が充実しています。入社後半年間の研修期間が設けられており、外部研修等を通じて、社会人・SEとしての基礎、開発言語の習得を行います。その後のOJTにて各業務についての習得、プログラム開発のより実戦的な習得をおこないます。研修期間終了後も必要に応じて外部研修等でスキルアップを図ることが出来るなど、業務を行うのに充分なスキルを習得するための環境が整っています。

仕事のやりがい

 自分が開発したシステムを行員の方が実際に利用していると実感できたときです。

 開発したシステムを導入する際、行員の方に操作確認をしていただき、仕様通り正常にシステムが稼働したところを確認出来た時はこれまでの苦労が報われた安堵感と大きな達成感を得ることができました。

就活生へのメッセージ

 就職活動は、自分のこれからの将来を決める大事なものです。より良い就職活動を行っていくためには自分自身を知ることがとても大切だと思います。

 また、自分は将来どうなりたいのか、何がしたいのか、どうありたいのかをしっかりと考えてみてください。なりたい自分をしっかりと想像してその姿を希望する会社で叶えられるかどうか、様々な人の意見や考えを聞き、視野を広く持って就職活動に励んでください。

 後悔しないためにも最後まで諦めずに頑張ることが重要です。皆さんと仕事ができる日を楽しみにしております。